シャア・アズナブル

読み : シャア・アズナブル

シャア・アズナブルはアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの登場人物
主人公アムロ・レイのライバルで『赤い彗星』の異名を持つ

シャア・アズナブルの由来

シャアと言えばその仮面が大きな特徴だが、仮面を付けたライバル『勇者ライディーン』のプリンス・シャーキンが由来となっている。

そこにフランスのシャンソン歌手シャルル・アズナヴールを組み合わせた。これはサンライズ企画部の飯塚正夫氏が語っている。

また、「シャー」という効果音と共に現れるので「シャア」という説もある。
こちらはNHKBSの番組『BSアニメ夜話』でのインタビューで富野由悠季氏本人が発言したもの
当時作品のタイトル等について制作側の提案が代理店や放送局に却下されることがあったが、キャラクターの名前について安易な名前が簡単に通ることが多かった。「シャア」という名前についても「シャーと来るからシャアなんだ」という説明で簡単に納得して通してしまった代理店に対し、彼らはアニメの中身は見ていないし、自分達の仕事はこんなもんなんだと思われたことに腹がたったと語っている。
富野氏本人がこのように語ったことからシャアの由来として広く知られる話だが、こういった背景からの発言であり、実際のシャアの由来として語ったわけではなさそうである。

クワトロ・バジーナの由来

シャアは後に『クワトロ・バジーナ』としても活動しているが、『クワトロ』はイタリア語で『4』を意味する。
キャスバル・レム・ダイクン
エドワウ・マス
シャア・アズナブル
クワトロ・バジーナ
、4番目の名前であることにちなんでいる。