ヤシマ作戦

読み : ヤシマサクセン

『ヤシマ作戦』はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する使途壊殲滅の作戦名。

●『ヤシマ作戦』とは?

第五使途「ラミエル」殲滅に名付けられた作戦名。
強力なA.T.フィールドを持つ「ラミエル」を殲滅するため、
ポジトロンライフル(陽電子砲)による超長距離射撃を葛城ミサト一尉が立案・命名。
しかし莫大な電力が必要となるため、
日本中の電気を集めるため日本全土を停電させて『ヤシマ作戦』を決行。

『ヤシマ作戦』の由来

『ヤシマ作戦』という作戦名は由来は、平家物語の「屋島の戦い」に基づく。
「屋島の戦い」では那須与一が平家の扇の的を矢で射落とした様子が描かれている。
これはポジトロンライフルによる狙撃とかけていると思われる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』では「八洲」(やしま)が由来となっている。
八州」は「大八洲国(おおやしまぐに)」の略。
『古事記』で日本を表す古称として使われている。
(本州・九州・四国・淡路・壱岐・対馬・隠岐・佐渡の八つの島を表す)

もうひとつの『ヤシマ作戦』

東北地方太平洋沖地震の影響に伴う電力不足のため、
東京電力が停電のおそれもあるとし節電を呼びかけた。
節電・停電がこの作戦とリンクしていたため、
Twitterでは節電対策に『ヤシマ作戦』の呼び名が用いられ、
節電が呼びかけられた。

エヴァンゲリオンの登場人物
NERV