どーもくん

読み : ドーモクン

どーもくんはNHKのマスコットキャラクター。NHKBSの10週年キャラクターとして1998年12月22日にパペット・アニメーションで登場し、1年だけのキャラクターであったが人気が出たことでBSだけでなくNHKのマスコットキャラクターとして定着した。どーもくんの熱烈なファンは「どーまー」と呼ばれることも。
キャラクターデザインは宇多田ヒカル『ぼくはくま』などを手がけたアニメーション作家の合田経郎(ごうだつねお)。
どーもくんの友だちのコウモリのもりおくんの母・しのぶの声は大竹しのぶ、プカポワは中川翔子が担当している。

どーもくんの由来

どーもくんという名前は生みの親のアニメーション作家・合田経郎が会社で仕事をしている時、誰かが電話で「ああ、どうも、どうも。この間はどうも」と言っていたのを聞き、「どうも」という言葉は「ありがとう」にもなり「すいません」にもなる面白い言葉だと思い、どーもくんという名前が生まれたそう。

参考:どーもくん制作秘話 ディレクターインタビュー

というのがディレクターである合田氏が語る由来であるが、Yahoo知恵には異論を唱える書き込みがある。こちらは裏付けがないため詳しくは各自でご確認ください
本日、NHKのスタジオパークからこんにちは で