ラ・ヴィアン・ローズ

読み : 第17話(エウレカAO)ラ・ヴィアン・ローズ

アニメ「エウレカセブンAO」
第17話『ラ・ヴィアン・ローズ』
(episode:17 Johansson’s book)

第17話『ラ・ヴィアン・ローズ』の由来・元ネタ

フランスのシャンソン歌手・Edith Piaf(エディット・ピアフ)の楽曲『La vie en rose』が元ネタとなっている。
『La vie en rose』は1946年に発表された楽曲で邦題は『ばら色の人生』。
本曲は数々のアーティストがカバーをしている。
一部を紹介すると日本では山下達郎、美空ひばり、沢田研二、小野リサ、手嶌葵、
海外ではルイ・アームストロング、ベット・ミドラー、トニー・ベネット、セリーヌ・ディオン、ドナ・サマー、シンディ・ローパーなどなど。
世代を超えて多くの人に愛されている楽曲なのである。

「エウレカセブンAO」でのタイトル表記は『ラ・ヴィアン・ローズ』となっているが、
「vie en」はそれぞれ別々の語なので正しい表記は『ラ・ヴィ・アン・ローズ』。

エディット・ピアフ

もうひとつの元ネタの可能性

「エウレカセブンAO」のタイトルはこれまでテクノ系の楽曲が多かったので、
もしかしたらDJ Spice Pのトラック『La Vie En Rose』が元ネタ、かも(?)
しかし『La Vie En Rose』と言えばエディット・ピアフ。
どちらの元ネタを信じるかは・・・あなた次第・・・

→ エウレカセブンAO各話タイトル・元ネタ曲まとめ
エウレカセブンAO・各話タイトル元ネタまとめ・1~8話
エウレカセブンAO・各話タイトル元ネタまとめ・9~16話
エウレカセブンAO・各話タイトル元ネタまとめ・17~24話