マダウォッカ

読み : マダウォッカ

「マダウォッカ」はアニメ版『名探偵コナン』の登場人物「ウォッカ」の愛称のような何か。
後述の理由からアニメ版に限定される。

ウォッカ

マダウォッカの由来・意味

「マダウォッカ」というのはもともとの名前である「ウォッカ」と「マダオ」を組み合わせたもの。

「マダオ」というのはマンガ『銀魂』の登場人物である長谷川泰三のことであり、「まるでダメなオッさん」の略。そしてこの長谷川泰三を演じているのが声優・立木文彦であり、ウォッカ役を演じているのも同じ立木文彦なのである。

立木文彦はエヴァンゲリオンの碇ゲンドウやBLEACHの更木剣八、カイジのナレーションなど広く知られている役が他にも多いが、マダオの印象が特に強いのかアニメで立木文彦が声を担当するととりあえず「マダオ」と書き込まれることが多い。このウォッカも例外ではないということだが、「ウォッカ」という名前とうまいこと組み合わせて「マダウォッカ」と書き込まれるというわけである。

声優が同じというアニメ限定の話であるため、原作漫画の話題では用いられることはない。

ちなみに、ウォッカと同じ黒の組織の「ジン兄貴」が数多くの醜態を晒していることからどちらかというとジンの方が「マダオ」なんじゃないかという気がしないでもない…。