ムスカが「3分間待ってやる」と言った本当の理由

読み : ムスカガサンプンカンマッテヤルトイッタホウントウノリユウ

「3分間待ってやる」は、ジブリアニメ『天空の城ラピュタ』の登場人物ムスカ(本名ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ)が放った言葉。

ムスカが「3分間待ってやる」と言った本当の理由

物語の終盤、主人公のパズーは、ムスカに囚われ銃口を向けられたシータを助けるため、大砲を持って現れ、「石(飛行石)は隠した。シータを撃ってみろ。石は戻らないぞ」とムスカに駆け引きを投げかける。
ムスカは石の在り処を言うか、それとも大砲で勝負をするかとパズーを挑発するが、パズーは「シータと2人っきりで話がしたい」と要求する。これに対し、ムスカは「3分間待ってやる」とパズーの要求を飲むことにした。

ムスカ-3分間待ってやる

実はこの時、パズーの大砲には弾は入っていなかったが、ムスカはそのことを知らない。しかし、ムスカはシータのお下げ髪だけを狙って正確に撃ち抜けるほどの銃の腕前を持っているため、大砲に弾が入っていようとも、パズーの大砲を撃ち落とすことは容易いし、シータを人質にとって石の在り処を吐かせることだってだきたはずだ。なのにムスカは3分間待った。

一見、優位に立っている者の慈悲深い行動を見えるが、実はこの時、ムスカが「3分間待ってやる」と行ったのにはある理由があった。
それは、ムスカが持っていた銃は弾が空になっていたから。シータとパズーが抱き合っているシーンのすぐ後に、ムスカが銃を装填するシーンが描かれている
ムスカもパズーも両方弾がないわけだが、お互いそのことを知らない。ムスカはパズーに悟られないように銃を装填するため、わざと要求を飲み、3分間待った。「3分間待ってやる」は慈悲からくる発言だったわけではなく、パズーに気づかれずに銃の装填するためだったのだ。しかし、その前にシータのお下げ髪を撃ち落とすために2発撃ったのは余計だったのでは?と思わずにはいられない。

ムスカが3分間待った流は絵コンテにも書かれている。

ムスカが3分間待った理由

画像:http://himasoku.com/archives/51930777.html

ムスカが一枚上手のように思えるが、実はパズーは飛行石を隠し持っていた。抱き合っている間にシータから滅びの呪文「バルス」を聞き、一緒に呪文を唱えた直後、ラピュタが崩壊を始める。ムスカは「時間だ。答えを聞こう」と余裕をかまして問うたが、3分間待ったことが仇になって崩壊するラピュタと運命を共にするはめに。
※実際には3分経っていなかったが、それは演出上省略したのか、それとも銃の装填という目的を果たしたから3分も待たなかったのかは不明。

銃の装填以外にも3分間待った方が飛行石を奪うための交渉がしやすくなるといった算段もあったかもしれないが、パズーが飛行石を持っているわけがないと読み違え、巨大飛行石の光にやられて「目がー!目がー!」とみっともない姿をさらしながら破滅することになった。