おおかみこどもの雨と雪(舞台)

読み : オオカミオトコトアメトユキ(ブタイ)

『おおかみこどもの雨と雪』は2012年7月21日から公開されたアニメ映画。
監督は『サマーウォーズ』の細田守
細田守監督自身が脚本を手がけ、キャラクターデザインは貞本義行が担当している。
『ヤングエース』で原作・細田守、キャラクター原案・貞本義行、作画・優によるマンガ版を連載している。

作中での雪と雨の名前の由来は、
雪の日に生まれたから「雪」、雨の日に生まれたから「雨」となっている。

『おおかみこどもの雨と雪』の舞台のモデルになった場所

『おおかみこどもの雨と雪』に登場する花・雪・雨の里山は細田守監督の出身地である富山県上市町がモデルになっている。花とおおかみおとこが出会った大学は一橋大学がモデルになっており、
2人が待ち合わせをしていた喫茶店・白十字屋、花が働いていたクリーニング屋は大学通りに実在する。花・雪・雨が暮らした家も実在し、家の中も作中そのままになっているため聖地として訪れる人が多い。
ちなみに『サマーウォーズ』は細田守監督の奥さんの出身地・長野県上田市が舞台となっている。

花・雪・雨の家
花・雪・雨の家

喫茶店・白十字屋
白十字屋

ほくしんクリーニング
ほくしんクリーニング

以下のブログを参考にさせていただきました。
作品のモデルになった場所や建物の画像が詳しく掲載されています。
映画「おおかみこどもの雨と雪」の聖地に行ってきた
おおかみこどもの雨と雪 舞台探訪(聖地巡礼)

おみやげみっつ たこみっつ(おおかみこどもの雨と雪)の由来・意味