そのうーうー言うのをやめなさい

読み : ソノウーウーイウノヲヤメナサイ

「そのうーうー言うのをやめなさい」はうーうー言うてる相手を咎めるためのセリフ。

そのうーうー言うのをやめなさいの元ネタ

「そのうーうー言うのをやめなさい」は同人ゲーム/アニメ『うみねこのなく頃に』の登場人物・右代宮楼座(うしろみやろーざ)のセリフが元ネタ。
楼座の娘である真里亞(まりあ)は「うーうー」が口癖なのだが、楼座はその口癖を「子供っぽく馬鹿みたい」と思っており、口癖をやめさせるために「そのうーうー言うのをやめなさい」と言って真里亞を咎める。
真里亞は知能は高いが9歳の割に幼稚な口癖や行動が抜けず、女手ひとつで真里亞を育てる楼座はどう教育していいのか分からず「うーうー」を連発されるとカッとなって真里亞に手をあげてしまう。

真里亞が魔女や魔術に関する知識を披露する時に発する笑い声「きひひひひ」もよく思っておらず、楼座は「その気持ち悪い笑いをやめなさいといつも言ってるでしょ!」と言って真里亞をぶってしまう。楼座は真里亞の魔術やオカルトに対する傾倒と幼児言葉をやめさせたいという気持ちから叱るが、叱っても改善してくれない真里亞をぶってしまう。楼座は真里亞への愛情と教育、シングルマザーという自分の置かれている状況にかなり悩んでおり、ぶった後はいつも罪悪感に苛まれる。

※本編にBGMは入っていません。BGMのせいでシリアスなシーンが一気にギャグに・・・