ストライクウィッチーズがパンツ姿である理由

読み : ストライクウィッチーズガパンツスガタデアルリユウ

『ストライクウィッチーズ』はアニメ、マンガ、小説化されたメディアミックス作品。
島田フミカネがマンガ雑誌『コンプエース』に掲載していた世界大戦中の戦闘機などの空軍・陸軍兵器を擬人化し、メカ少女として描いたイラストコラムを原作としている。
ストパン」という略称ではない愛称でも知られている(由来は後述)。

本作の特長は連合軍第501統合戦闘航空団STRIKE WITCHES」に所属する女の子たちがストライカーユニットと呼ばれる機械装置を装着してパンツ姿で空を飛んで戦う点。
そしてストライカーユニットを履く際は女の子たちに獣耳(猫耳や犬耳)と尻尾が生える点。
本記事ではストライクウィッチーズの女の子たちがなぜパンツ姿なのか?そしてなぜ猫耳(犬耳)と尻尾が生えるのか?について解説する。

みなズボンらしきものを履いていない

ストライクウィッチーズがパンツ姿である理由

まず女の子たちはなぜパンツ姿なのかを解説していこう。本作ではストライカーユニットを装着し、魔力を使うことができる少女たちはウィッチ(魔女)と呼ばれる。ウィッチはストライカーユニットを装着した際、通常時は存在しない獣耳(猫耳や犬耳)と尻尾がピョコンと生えてくる。ウィッチは使い魔と契約することで魔力を使うことができ、その影響で魔力の使用時に獣耳と尻尾が生えてくるのだ。この設定はアニメ版では説明されていないためアニメを観ただけでは分かりにくいのだが、視聴者への媚びのためにむやみに生やしているのではない!

原作者の島田フミカネは自身のブログで獣耳と尻尾についてこう回答している。

獣耳?尻尾?
ほとんどのウィッチは、魔力の強化、コントロールの
サポートとして動物の精霊とコンビを組んでいます。
ウィッチが魔法を使用する際に、リンクした精霊の
特質が実体として現れるのが耳と尻尾なのです。
引用:http://humikane.asablo.jp/blog/2008/07/01/3605589

ちなみにシャーロットの使い魔はウサギなのでバニーガールよろしくウサギ耳になる

パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

次になぜ『ストライクウィッチーズ』が「ストパン」と呼ばれるのかについて解説しよう。『ストライクウィッチーズ』を略しても「ストパン」にはならない。これは「ストライクパンツ」「ストライクおパンツ」の略とされる。
パンツシーンが多いアニメ/マンガ『ロザリオとバンパイア』が「ロザパン」と呼ばれているのにちなんでいるという話もある。
「(ストライクウィッチーズ)パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」の略と解説されることもある。
「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」は2008年7月1日発売の文庫『ストライクウィッチーズ 参ノ巻 スオムスいらん子中隊はじける』の発売当時に行われていたキャンペーンのキャッチフレーズであり、本巻の帯に書かれていたもの。
しかし、このキャンペーン以前に「ストパン」と呼ばれていたと考えられるので「ストパン」の由来はこのキャッチフレーズではない。

いずれにしても「ストパン」は「ストライク」と「パンツ」を融合させた愛称なのだが、ここで考えて欲しい。「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」という意味を。

パンツじゃないから恥ずかしくないもん
パンツじゃないから・・・
パンツじゃない・・・
・・・

そう、一見パンツ姿に見えるが実はあれはパンツではないのだ!

その証拠にアニメの第7話「スースーするの」衝撃の設定が明かされた
この回でバルクホルンに叩き起こされたエーリカはパンツを履いておらず、上着は着ているものの下半身はすっぽんぽん状態。エーリカは部屋を漁ってパンツを探す。明らかにパンツを探している。しかしパンツが見当たらず思わずエーリカはこうつぶやいた。


ズボン、ない・・・
え?ズボン?

ここではまだパンツを探しているのか、それとも足を包み込むズボンを探しているのか分からないので(分かってるが)、もう少し先に進めてみよう。
エーリカはパンツ(ズボン)を履かない下半身すっぽんぽんのまま外に出た後、お風呂場が目に入る。
閃いたエーリカはルッキーニの縞々模様のパンツを履いて逃走
ルッキーニはお風呂から上がった際、脱衣所のカゴの中にパンツが見当たらなかったためこう発言。


あれ?あたしのズボン・・・
縞々のパンツ、あれはズボンなのか・・・?

ま、まだパンツかズボンかは分からないので次に進めよう。
困ったルッキーニはペリーヌのズボン(パンツ)を履くことにした。
お風呂から上がったペリーヌはパンツがなくなっているのに気づく。
この時、なくなったズボンは明らかにパンツの形をしていた
そしてペリーヌはこう発言した。


ない!?わたくしのズ(ボン)・・・
そうよ、ズボンがないくらいなんだって言うの!
もうこれでズボン確定

そう、彼女たちが着用しているパンツは実はズボンだったのだ。
まさに衝撃。パンツだけどパンツじゃない。夢だけど夢じゃない。
あれは正真正銘のズボンだ。
そう、パンツじゃないから恥ずかしくないのだ。
彼女たちはパンツ姿ではなくズボン姿なのだ。
パンツなのにズボンと言い切る斬新な設定、なんという発想の逆転。

同じく第7話「スースーするの」でバルクホルンに盗難事件の証拠物件としてスクール水着と思しき衣服を没収された芳佳は「あの、私の服を・・・」と発言している。
そう、芳佳や坂本少佐が着用しているスクール水着のような衣服はスク水ではなく服なのである。扶桑ではスク水に似たボディスーツを着用し、その上からセーラー服および士官服を着用するため一般的なズボンは履いていない。
このボディースーツには尻尾のために穴が開けられており、股上が浅いローライズが多いのは尻尾との干渉を避けるためであーる。

これらの衣服についても島田フミカネがブログで回答している。

何でこんなかっこなん?
そういう制服なんです。
生地や縫い方に魔力を高める加工がされたものもあります。
この世界では普通なことなので、男性もじろじろ見たりはしません。
引用:http://humikane.asablo.jp/blog/2008/07/01/3605589

ひとつ疑問があるとすれば問題の第7話「スースーするの」でのあるシーン。
この回の終盤でエイラはルッキーニにズボンをとられたため眠っているサーニャのズボンを履いて追いかけるのだが、そのズボンは足まで包む一般的なズボンの形をしている。うむ、これはまごうことなきズボンである。
※以下の画像で履いているのはエイラ自身のズボンですが

そして起きてきたサーニャはエイラが自分のズボンを履いていることを見つけ、
あれ?エイラ。それ、あたしのズボン」と発言。うむ、確かにズボン。
しかしこの発言の前、サーニャのスカートがめくれてパンツらしきものを履いているのが見えている。
エイラが履いているズボンはズボンでよいとして、サーニャの履いているのはパンツ・・・?
ではない。エイラとサーニャはズボンを二重に履いているのだ。
つまりはこの世界にはパンツと称されるものは登場しないのである。
(シャーリーが就寝時に身に着けているのは下着っぽいが)

ではここで愛称の「ストパン」の話に戻すとしよう。彼女たちが履いているのがパンツでないとすれば「ストライク」+「パンツ」の複合語である「ストパン」はあり得ないことになる。ズボンと掛けあわせて一部では「ストズボ」と呼ばれてるとか。しかし「ストズボ」だと恐ろしく語呂が悪い愛称になってしまう。
だがパンツでないなら「ストパン」とは呼ぶのはおかしくなってしまうので、「ストウィ」や「スウィッチ」と呼ぶのが無難だろう。
少々長くなってしまったが、ここでストライクウィッチーズのパンツ論を締めるとする。

結論

あれはパンツじゃない

~END~