第一宇宙速度

読み : ダイイチウチュウソクド

第一宇宙速度はすーぱーそに子、富士見鈴(ふじみすず)、綿抜フウリによる(架空の)ガールズバンド。PCゲーム『アザナエル』内にあるライブハウス・スーパーノヴァでライブ活動している。ニトロプラスのPCゲーム『ソニコミ』の主題歌『SUPERORBITAL』でデビュー。

すーぱーそに子:ヴォーカル&ギター
富士見鈴:ベース(リーダー)
綿抜フウリ:ドラム


ラブ&II+

第一宇宙速度の由来・意味

バンド名の第一宇宙速度の由来は人工衛星が必要とする速度である「第一宇宙速度でありリーダーの富士見鈴が命名、という設定になっている。「第一宇宙速度」は人工衛星が地球を周回するために必要な最低速度(約7.9km/秒)であり、地球から水平に打ち上げられた物体は重力によって地上に落ちるが「第一宇宙速度」で発射された物体は地球を周回する衛星となることができる。
とあるインタビューで富士見鈴が「第一宇宙速度っていうのは、ロケットが地球の重力を振り払って、宇宙で衛星になる速度なの!」と答えているが、正しくは地球の重力を振り払えるのは第二宇宙速度

「第一宇宙速度、DOKU☆GIRI、“瞬発力」(富士見鈴)、「LOVER SOLE、拾台魂、まっこうず」(すーぱーそに子)、「肉まん、ケバブ、チャーシュー麺」(綿抜フウリ)など各人、他にもバンド名候補があったようだ(という設定)

参考:【ソニコミュ】そに子インタビュー企画第2弾! 今度は“第一宇宙速度”に直撃!!

1stシングルの『SUPERORBITAL(スーパーオービタル)』は「超軌道速度 (Superorbital) 」に由来する。「超起動速度」は「第一宇宙速度」を超える速度で、地球の重力を脱する速度を意味する。

SUPERORBITAL