白い方が勝つわ

読み : シロイホウガカツワ

「白い方が勝つわ」は白い方が勝つという大胆予想である。
ネットではスポーツなどの実況の際に「◯◯の方が勝つわ」という形で使われることが多い。
ただしその多くはどちらが勝つかを予想するわけではなく、例えばどちらも白いユニフォームだったりした場合に「白い方が勝つわ」と至極当たり前の予想をする。他にも名前が同じだったり、同じようなヒゲだったりした場合に同じ特徴を指して「◯◯の方が勝つわ」と予言する。「どっちも◯◯じゃねえかw」と突っ込みたいところだが、使い古されたネタなためだいだい無視される

白い方が勝つわの元ネタ

元ネタとなっているのはアニメ『機動戦士ガンダム』の登場人物ララァ・スンのセリフ。

第34話『宿命の出会い』において、連邦のホワイトベース部隊とジオンのコンスコン率いるリックドム部隊との戦いで、まだ現れていないアムロのガンダムが勝つことを予言し「白いモビルスーツが勝つわ」と言ったのである。
作中で「白い方が勝つわ」とは言っておらず、「白い方」というのはこれを改変した、あるいは記憶違いで広まったと考えられる。その後シャアが「フフフ、ララァは賢いな」と言うところから、「◯◯の方が勝つわ」に対する定番のレスとしても使用される。

追記:『ムダヅモ無き改革』に登場する「白いほうが勝つわ」

大和田秀樹の麻雀漫画『ムダヅモ無き改革』(2006年連載開始)の第1巻第7話「襲来!!!バルチック艦隊3」にて、マーガレット・サッチャーが「白いほうが勝つわ」と言うシーンがある。

主人公の小泉ジュンイチローはロシアのウラジーミル・プーチンと地下闘牌場で対戦する際、真っ白な「白紋付」で闘いに臨んだ。対するプーチンは漆黒のツーピースを着ていた。
観戦しにきたサッチャーにジョージ・W・ブッシュが勝敗の予想を問うと、サッチャーは「白いほうが勝つわ」と言い放った。
お察しの通り、白いほうというのは白紋付をまとった小泉ジュンイチローである。
結果はサッチャーの予想通り、白いほうが勝った。

『ムダヅモ無き改革』では『機動戦士ガンダム』のパロティネタが登場することで知られる。
また作者の大和田秀樹は『機動戦士ガンダムさん』という『機動戦士ガンダム』の4コマギャグ漫画を書いていたこともある。
「白い方が勝つわ」の元ネタはララァのセリフであるが、「白い方が勝つわ」という言い回しがいつから使われているのかは不明。
『ムダヅモ無き改革』が元ネタである可能性も考えられるが、連載以前にも使われていた形跡がみられる。

参考:白いほうが勝つわ(2004年8月) / おたく語録