D・V・D!! D・V・D!!

読み : ディブイディーディブイディー

D・V・D!! D・V・D!! は何かを要求する際などに使われるフレーズ、あるいはそのAA
後述の元ネタのAAをそのまま使うことも多いが、「DVD」の三文字を他の三文字に変えて用いられることも多い。アルファベット3文字が普通だが、平仮名や漢字の場合もある。その言葉の物や行為などを強く要求したい際や主張したい際などいろんな場面で使われる。

DVDDVD

D・V・D!! D・V・D!! の元ネタ

これはあとりKという作家のエロマンガ『姉DVD』における一コマをAA化したものである。
小学生の弟が友人が持っていたアダルトDVDを割ってしまったため、その友人から弁償しろと迫らる。割れてしまったDVDは元に戻らないから姉が体でなんとかしろ!!というまぁわかりやすいストーリー。このひとコマは体での弁償を迫られ恥ずかしながらブラを外そうとするお姉さんというわけである。

それにしても『姉DVD』とはなんともわかりやすいストレートなタイトルである。ちなみにこれは『いけないお姉さん』という作品集に収録されている短編マンガで、さらに『姉DVD-R』『妹DVD』という続編もある。
どうでも良いが、「D・V・D」と書くと顔文字に見える。