Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめら…!

読み : ファックユーブチコロスゾゴミメラ

「Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめら…!」はうるさい人達を黙らせる時に使われるAA
ぶち殺したいほどのゴミどもを一喝する際に用いられる。

Fuckyou

Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめら…!の元ネタ

元ネタとなっているのはマンガ『賭博黙示録カイジ』の登場人物・利根川幸雄のセリフ。

物語序盤、ギャンブルの舞台となる船エスポワールのホールマスターとして登場し、ギャンブルのルールについて説明した利根川。簡単な説明で早速ギャンブルを始めようとするも、ギャンブルの参加者達はその説明だけでは納得できず、負けたらどうなるのかなどの詳しい説明を求める。そうして騒ぎ出す参加者達の言葉を遮り利根川が言い放ったのが「Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめら…!」である。その後はお説教のセリフが続き、それに感動し涙する参加者も…。

「ゴミめら」について

このフレーズの中で「ゴミめら」という部分に違和感を感じる人が少なくない。

確かに冷静に考えてみるとなんだかむず痒さを感じる言い方ではある。「め」と「ら」が逆、つまり「ゴミらめ!」と言うべきなんじゃないの?と考える人が多いわけである。しかし実際には「ゴミめら」で日本語的にも間違いないようだ。

「ゴミめ」というと「馬鹿め」のように相手を見下したような時につかわれる「め」と思ってしまう。それで間違いはないのだがここでは「奴」と書いて「め」と読む、つまり「ゴミのような奴」という意味になる。そして「ら」は「等」であり複数を表している。「ゴミめら」は「ゴミのような奴等」と言い換えることができるというわけだ。要は「めら」は「奴等」と書くことができ、見下した感じの「やつら」という意味になるということである。

「ゴミらめ」でも良いわけだが、「ゴミ等」にするとゴミ以外のものも含まれてしまうため意味が変わってくるという人もいる。というか日本語の専門家ではないのでこの辺で…。

実写版映画でも再現されている。