何が何だかわからない

読み : ナニガナンダカワカラナイ

「何が何だかわからない」は状況が理解出来なかったり、考えても理解出来ない場合に用いる言葉。および、「何が何だかわからない」という言葉を添えた以下のAAを指す。AAはスレで意味不明な書き込みをする人物に対して煽りの意味も込めて使われる。

何が何だかわからない

何が何だかわからないの元ネタ

「何が何だかわからない」という言葉、およびAAの元ネタは、マンガ『DEATH NOTE』の登場人物・Lのセリフ。単行本第5巻「page.35 白紙」にて、夜神月と弥海砂を監禁、尋問していたLだが、自身をキラかもしれないと自ら監禁を望んだ夜神月の態度が急に変わり、自分はキラじゃないと主張し始め、弥海砂も監禁の途中からキラに関する記憶を失ったため、Lの目には2人とも人が変わったように映り、夜神月がキラ、弥海砂を第2のキラとほぼ確信していたLにとってワケの分からない状況となったため、思わず「何が何だかわからない」と心の中で発した。

何が何だかわからない(ネタバレ)

2人を監禁するまではキラだと確信していたLがなぜ「何が何だかわからない」という言葉を発したのか。
以下、ネタバレになるが、夜神月と弥海砂は監禁されるまではデスノートを所有していたため、キラとしての記憶を持っており、2人はキラでないという演技をしていたが、2人は監禁中にそれぞれデスノートの所有権を放棄した。デスノートの所有権を放棄するとデスノートに関する記憶を失うため、自分はキラじゃないと主張する夜神月と弥海砂の発言にはウソがなく、Lにも2人がウソを言っているように思えてしまう。しかもこのタイミングで夜神月を監禁してから2週間以上裁かれていなかった犯罪者が一気に裁かれ始めた。
デスノートの存在や、所有権を放棄することでデスノートに関する記憶を失うことなどLが知る由もなく、いくら突出した頭脳を持つLでも「何が何だかわからない」と思ってしまうのは当然のことである。

ちなみに、Lの本名は本編では明かされていないが、公式ガイドブック『DEATH NOTE HOW TO READ 13 真相』にて本名がL Lawliet(エル・ローライト)であると明かされた。