オシシ仮面

読み : オシシカメン

以下のAAのキャラをオシシ仮面と呼ぶ。2chでは「オシシ仮面のガイドライン」が作られている。足だけ見るとハイソックスを履いた女性の足に見えるのは錯覚。

オシシ仮面

オシシ仮面の元ネタ

オシシ仮面は『ドラえもん』が元ネタで、単行本第3巻「あやうし!ライオン仮面」に登場する。

オシシ仮面は作中の架空のマンガ『ライオン仮面』(フニャコフニャ夫作)に登場するヒーローで、ライオン仮面の弟である。くらやみ団によってライオン仮面が生死不明の状態となった後にオシシ仮面が登場。オシシ仮面はくらやみ団の本部に単身乗り込んでいくが捕まってしまい、ロープで吊るされて火炙りにされてしまう
その後、オシシ仮面のいとこのオカメ仮面が登場することになっているが、オカメ仮面の姿は描かれていない。オカメ仮面の方が気になる。

オシシ仮面とフニャコフニャ夫先生。ドラえもんが未来に行って「ライオン仮面」の続きを読み、原稿に行き詰まっていたフニャコフニャ夫先生にオシシ仮面の登場など続きを教えていたが、フニャコフニャ夫先生が過労で倒れたため未来で買ってきた「ライオン仮面」をドラえもんが書き写すことに。オシシ仮面は未来の「ライオン仮面」に登場するキャラであるため、一体誰が考えたことになるのか・・・

映画『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~』ではジャイアンが本屋で立ち読みしているマンガにオシシ仮面が描かれている。2007年に放送された「半分の半分のまた半分…」にも登場する。
テレビ版では「あやうし!ライオン仮面」はこれまで1979年、1995年、2005年の3回放送されているが、1995年放送分ではライオン仮面はタイガー仮面に、オシシ仮面はジャガー仮面に名称変更されており、タイトルも「あやうし!タイガー仮面」に変更されている。

オシシ仮面の登場シーンはわずかだが、ヒーローらしからぬ獅子舞に扮したその姿と「グエーッ」という印象的な断末魔の悲鳴からファンがつき、フィギュア化されるまでの人気キャラとなっている。