ところがどっこい…夢じゃありません…現実です…!

読み : トコロガドッコイ…ユメジャアリマセン…ゲンジツデス…コレガゲンジツ

「ところがどっこい…夢じゃありません…現実です…!これが現実!」は夢かと思いたくなるような過酷な状況を悲観する者に対して厳しい現実を突きつけるセリフおよびAA
また、「ところがどっこい、◯◯じゃありません。」と◯◯を否定する際などにも用いられる。

ところがどっこい

ところがどっこい…夢じゃありません…現実です…!これが現実!の元ネタ

このフレーズは福本伸行のマンガ『賭博破戒録カイジ』の登場人物・一条のセリフである。

コミック12巻に収録されている第125話「灰燼」でのセリフ。
通常の1,000倍にあたる一玉4,000円で、当たれば一気に7億という大金を手にすることができる巨大パチンコ「」で勝負をするカイジ。様々な策を用意して勝負に挑むも最後の当たりにまで到達することができず、資金を使い尽くしてしまう。資金がなくなり勝負ができなくなって絶望したカイジの「嘘だ…夢だろ…これ…夢に決まってる……!」というセリフに対し、カジノの店長である一条が言い放ったのが「ところがどっこい…夢じゃありません…現実です…!これが現実!」というセリフだったのである。

店長の一条は当初はクールに振舞っていたものの、カイジ達の様々な策によって徐々に沼が攻略されていくにつれ焦りを感じていた。完全に攻略されてしまうのではないかという焦りからそのキャラクターは崩れていくが、カイジ達の資金が尽きたことで勝利を確信し、このような発言に至ったのである。