サーティワンアイスクリーム

読み : サーティワンアイスクリーム

サーティワンアイスクリームはアイスクリームショップのチェーン店。アメリカのアイスクリーム・パーラー・チェーンであるバスキン・ロビンス社が本家だが、ロビンス社と不二家の合弁会社としてビー・アールジャパン(株)が1973年に設立された。1985年にB-Rサーティワン アイスクリーム株式会社に社名を変更。日本ではサーティワンアイスクリームとして知られているが、正式にはB-R(バスキン・ロビンス)の名前も入っている。
「サーティワン」は日本と台湾のみの呼称であるため、海外では通じない。

サーティワンアイスクリームの由来

サーティワン(31)は”31種類のアイスクリームから1ヶ月毎日違うアイスを楽しでもらいたい“というコンセプトが由来となっている。そこから「31」=「サーティワン」となったわけだが、実際には32種類のアイスクリームを置いているお店がほとんど。理由は冷蔵庫の形状が四角いので数が偶数になるから(4×8で32種類)。
本家のバスキン・ロビンスの由来は、創業者のBaskin(バスキン)氏とRobbins(ロビンス)氏の名前から。

●31の日
サーティワンアイスクリームという名前にちなみ、「31の日」を実施。31日がある月は年に7回(1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月)あり、その日はダブルコーンとダブルカップが31%オフになるのだ。