オートバックス

読み : オートバックス

オートバックスはカー用品の販売、車の点検・整備サービスでフランチャイズ展開をしている企業。正式名称は株式会社オートバックスセブン。
1942年に創業者・住野敏郎がアメリカのカー用品総合専門店をヒントに自動車部品の卸売店・末廣商会を開き、1948年に株式会社富士商会を設立。それから30年後の1978年に株式会社オートバックスセブンに社名を変更。
ロゴのオレンジはカリフォルニアオレンジをイメージし、アメリカの開拓精神(フロンティアスピリット)を表している。黒は「何者にも負けない強い意志力と信念」を表している。6本の線はAUTOBACSのT.O.B.A.C.Sの6つの意味(後述)とハイウェイ(高速道路)を表現している。

オートバックスセブンは2001年から2010年まで開催された漫才日本一を決めるコンテスト「M-1グランプリ」の冠スポンサーとして協賛していたため、正式な名称は「オートバックス・M-1グランプリ」であった。優勝者には100万円相当のカー用品券、CM出演権(第1回・第6回以降)を副賞として提供していた。

オートバックスの由来・意味

オートバックス(AUTOBACS)にはそれぞれのアルファベットに意味があり、提供している商品の頭文字を由来とした社名となっている。「自動車」は英語で「Auto」とも表現するため、「AUTO」には「自動車」という意味も含まれている。

A → Appeal(アピール)
U → Unique(ユニーク)
T → Tire(タイヤ)
O → Oil(オイル)
B → Battery(バッテリー)
A → Accessory(アクセサリー)
C → Car Cooler(カークーラー)
S → Service(サービス)

オートバックスセブンの「セブン」は、AUTOBACSが提供する6つの商品から、お客様のために第7の商品を探し続ける、という想いが込められている。