ハドソン

読み : ハドソン

ハドソンは日本のゲームメーカー
以前は北海道に拠点をおきゲームソフトの開発、販売を行なっていたが、
2012年3月1日にコナミデジタルエンタテインメントに吸収され、同社のブランドの一つとなった。
NECと家庭用ゲーム機PCエンジンを共同開発、
桃太郎電鉄シリーズ、天外魔境シリーズ、高橋名人シリーズなどがヒットし、
毎年夏には全国で『キャラバン』という名のゲーム大会を開催していた。

ハドソンの由来

社名の由来は創業者である工藤裕司の趣味の一つであったSLから。
特にマニアに人気が高かったのが『C62』というタイプの蒸気機関車で、この『C62』の正式名称が『ハドソン型C62』で、そこから社名とした。
さらにこのハドソン型C62 の中でも特に2号機が好きだったことからハドソンの代表電話番号の末尾が「4622」になっていたり、郵便番号を062にするため北海道札幌市豊平区に本社を置いた。

ハチ助の由来

ハドソンというとそのトレードマークとなっているのがのキャラクター『ハチ助
なぜ蜂を採用したのかというのは創業者工藤裕司のもう一つの趣味であったアマチュア無線が関係している。
1973年に創業したハドソンは当初はアマチュア無線の販売をしており、販売店「CQハドソン」を設立した。
そのCQハドソンの無線局の識別信号が「JA8YO」であり、北海道のエリアコードが「JA8」であったことから『8』で『蜂』を採用したとされている。