キッコーマン

読み : キッコーマン

キッコーマンは醤油を中心とした食品メーカー
メイン商品の醤油を始めとして、本つゆやわが家は焼肉屋さん、うちのごはんなどの商品を販売、トマトケチャップやトマトジュースの日本デルモンテはキッコーマンの子会社である。

キッコーマンの由来・意味

キッコーマンは1917年に野田醤油株式会社、万上味醂株式会社設立として設立、1925年に合併、1927年から商標を「キッコーマン」として統一した。

この前身となっている野田醤油の祖先が千葉県野田市にある香取神宮の氏子総代の一人で、その神宮の神域の山号が「亀甲山」であった。そこから「鶴は千年、亀は萬年(万年)」という言葉と組み合わせて「亀甲萬」という印を最上級の醤油に付けることとなった。この「亀甲萬」をカタカナにして商標としたのが「キッコーマン」である。

キッコーマンの醤油に描かれている六角形の中に「萬」の文字のマーク、この六角形は亀の甲羅をイメージしている。