レオパレス21

読み : レオパレスニジュウイチ

レオパレス21はマンスリーマンション、賃貸アパートなどを取り扱う不動産会社。1973年に創業者の深山祐助(みやまゆうすけ)の名前から取った株式会社ミヤマとして起業。、1985年から敷金無料の都市型アパート「レオパレス21」を始めたことで軌道に乗り、 1989年に株式会社エム・ディー・アイ(MDI)に社名変更。2000年に現在の社名・株式会社レオパレス21に変更し、翌年から「リボマンスリーレオパレス」を販売開始。

レオパレス21

レオパレス21の由来・意味

レオパレスは「レオパード(豹)」と「パレス(宮殿)」を組み合わせた造語。分譲型マンション「ライオンズマンション」を目標としていたため、「ライオン」よりも足が速い「豹」を選んだ。21は”21世紀につなげる”という意味が込められている。

マンスリーマンション(短期賃貸マンション)は家具や家電がついており、中期滞在を目的とした賃貸マンション。保証人が不要であり、ホテルや一般賃貸マンションよりも安くで借りれるという理由から利用する人が多い。