プラチナゲームズ

読み : プラチナゲームズ

プラチナゲームズは大阪府大阪市に本社を置く家庭用テレビゲームソフト開発会社。
2006年に有限会社ODDとして設立し、2007年にSEEDS株式会社と合併してプラチナゲームズ株式会社に商号を変更。
2008年よりセガと業務提携を行っており、セガから発売されたXbox 360/プレイステーション3用アクションゲーム『BAYONETTA – ベヨネッタ』の開発を手がける。
関連作品は『無限航路』『MADWORLD』『Infinite Space』『VANQUISH』『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』など。

プラチナゲームズの由来・意味

プラチナゲームズという社名は、劣化しにくい性質を持つ金属・プラチナ(白金)のように「不変の輝き」を持つ会社でありたいという願いが込められている。作品のクオリティに妥協せず、希少価値の高いプラチナのような会社でありたいという想いから、プラチナゲームズと名付けられた。

代表取締役社長・三並達也氏:
「プラチナのように希少価値があり、 しかも高品質で、不変な輝きを放つ会社でありたい」と。
それに、「その名にふさわしい、 高品質なタイトルをつくらないといけない」ということで、プラチナゲームズと名付けました。

引用元:社長が訊く「プラチナゲームズ」