サンガリア

読み : サンガリア

サンガリアは大阪に本社を置く飲料メーカー。
1951年に石山食品工業社として創業。1971年にサンガリア缶コーヒーを発売し、1974年に株式会社日本サンガリアベバレッジカンパニーを設立。

サンガリアの由来・意味

サンガリアは中国・唐の詩人・杜甫の『春望』の一節”国破れて山河あり“に由来する。“山河あり”の”あり”を逆にしてサンガリアと命名。”戦で国が滅びても山や川などの自然は変わらずに存在する”という意味の詩。この詩が詠う人生観と厳しい研究姿勢を貫く企業体質が共鳴し、根底にある時代を切り開くパイオニア精神を柱にした自由で闊達な社風を持つ企業という意味が込められている。

“いち にい サンガリア、にい にい サンガリア♪
サンガリア サンガリア♪
国破れて サンガリア、敵も味方も ヨンダリア
みーんなで仲良く 飲んだりア
サンガリアコーヒー”

1983年に放送されていたCM。”国破れてサンガリア~”と山河ありをもじった内容で、”敵も味方も ヨンダリア”はおそらく「呼んだりあ」=「呼んだりや」という意味だろう。「国破れて」=「戦によって国が滅びて」しまったのだから、敵も味方も関係なく呼んでみんなでサンガリアを飲もうよ、ということだろう。