ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

読み : ゾゾタウン

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)は主にアパレル関係を中心に扱うオンラインショッピングサイト
ZOZOTOWNはスタートトゥデイという会社が運営している。1995年にCD・レコードの通販として創業され、2000年にはアパレルを中心としたオンラインセレクトショップ『EPROZE』を開設。その後2004年に『ZOZOTOWN』が開設され、多くのブランドを取り扱い2011年12月には会員数400万人を突破した。

2012年の10月にスタートトゥデイ社長前澤友作Twitterを通じて利用者に暴言を吐いたことが問題となり、その10日後からZOZOTOWNの配送料が無料となると同時にポイント還元率がそれまでの1%から10%にアップ。しかし2013年1月24日には、翌月2月1日よりポイント還元率を1%に戻すと発表するなど混乱を見せた。

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の由来

ZOZOTOWNという名称は「創造」と「想像」というふたつの「ZO」を組み合わせて生まれた造語。

運営会社である「スタートトゥデイ」はアメリカのハードコアバンド・ゴリラビスケッツ(GORILLA BISCUITS)が1989年に発表したアルバム「Start Today」が由来。またこのアルバムに同名の曲も収録されている。社長の前澤友作は創業時に平行してバンド活動をしていたこともあり、音楽に造詣が深いのだろう。