安全剃刀の日

読み : アンゼンカミソリノヒ

安全剃刀の日は毎年12月2日の記念日
特にイベントなどは行われておらず。安全剃刀が安くなる!なんてことも全くありませんので期待しないように。

安全剃刀の日の由来

1901年に替刃式安全カミソリの特許が取得されたことが「安全剃刀の日」の由来となっています。
初めての安全剃刀というのは18世紀の末頃にフランスで発明されたそうですが、この時代の物はまだ安全と呼べるものではなかったそうです。1880年にアメリカでKampfe Brothersが安全剃刀の特許を取得。しかしこの安全剃刀はまだ刃を自分で研いで使うというものでした。

そしてその後1901年の12月2日にアメリカで容器や包装材の行商をしていたキング・キャンプ・ジレットが使い捨ての安全剃刀を開発し、特許を取得したのです。その後ジレット(Gillette)社を設立して1903年に最初の替刃式安全剃刀を発売したということです。

ジレットというと今でも一般的に販売している替刃式のカミソリとして広く知られている。。ジレットというのは創設者の名前であり発明者の名前だったわけです。