映画の日

読み : エイガノヒ

映画の日は毎年12月1日の記念日、またはそれに関するイベントの名称。
毎年この日は映画館の入場料が1,000円均一になったり、記念式典、上映会などのイベントが行われている。

映画の日の由来

12月1日は日本で始めて映画が一般公開されたのを記念して制定されたもの。1896(明治29)年の11月25日から29日にかけて神戸の神戸倶楽部という社交クラブにおいて日本で始めて映画が一般公開された。この時は今のような大きなスクリーンに映してみんなで見るというものではなく、エジソンが発明したキネトスコープという一人づつ覗きこんで見るというタイプの映画だった。
この映画公開は11月25日が初公開だったわけだが、それだと半端だからという理由でキリの良い12月1日を記念日とし、1956年に日本映画連合会が制定した。なかなか強引である。