おむすびの日

読み : オムスビノヒ

おむすびの日は毎年1月17日の記念日
この日には全国でおむすび割引販売や米に関する展示、勉強会、チラシ配布、おむすび教室など様々なイベントが開催されている。
ごはんを食べよう国民運動推進協議会ではこの日を記念してアンケートを実施、回答者の中から抽選でおこめ券をプレゼントしている。

おむすびの日の由来

1月17日と言えば1995年におきた阪神・淡路大震災の日。食べる物がない中、ボランティアによるおむすびの炊き出しで被災者が救われたこと。また、震災によって毎日の食事がいかに大切であるかということが考えなおされたきっかけの日でもあるということで2000年にごはんを食べよう国民運動推進協議会がこの日をおむすびの日と制定した。

ただし、1月17日をおむすびの日にしようという発想からではなく、「おむすびの日」を制定しようということでいつが良いかと公募したところ上記のような意見があったことでこの日を記念日としたのである。