天使のささやきの日

読み : テンシノササヤキノヒ

天使のささやきの日は毎年2月17日
北海道の幌加内町ではこの日に「天使の囁きを聴く集い」を開催している。

天使のささやきの日の由来

1978(昭和53)年の2月17日に北海道幌加内町で氷点下41.2℃が記録されたことに因む。この気温は気象庁の公式記録ではないため非公式ではあるものの、日本の最低気温として記録されている。1994年に幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が制定した。ちなみに公式記録は旭川で記録された氷点下41.0℃。
「天使のささやき」というのは「ダイヤモンドダスト」のことで、大気中の水蒸気が冷やされ結晶となり、それが雪の様に舞い、太陽の光に照らされキラキラと幻想的な美しさを作り出す。氷点下10℃以下というとにかく寒い時にしか見ることができない。