洋服記念日

読み : ヨウフクキネンビ

洋服記念日は毎年11月12日の記念日
毎年この日は東京都洋服商工共同組合が明治神宮に参拝して記念式典を挙行している。

洋服記念日の由来

これは明治5年(1872年)の11月12日に「爾今礼服には洋服を採用す」という太政官布告令が出されたのが由来となっている。それまで公家や武家では和式の礼服を着用していたが、これを廃止して洋服の着用を促進するというものである。これを記念して洋服記念日が東京都洋服商工協同組合によって昭和4年に、また全日本洋服共同組合連合会によって昭和47年(1972年)に制定された。