Aphex Twin

読み : エイフェックス・ツイン

Aphex Twin(エイフェックス・ツイン)はアイルランド・リムリック出身(イングランド・コーンウォール育ち)のミュージシャン。
本名・Richard David James / Richard D. James(リチャード・D・ジェームス)
Aphex Twinはリチャード・D・ジェームスのソロプロジェクト名のひとつで、AFX、Polygon Window、Caustic Windowなど複数の名義を使い分けている。
ジャンルはテクノ/エレクトロニカとしてくくられることが多いが、アンビエント/ドラムンベース/アシッド・ハウス/ドリルンベースなどジャンルにとらわれない多彩な楽曲を制作しており、テクノ・モーツァルトと称されることもある。

Aphex Twinの由来・意味

Aphex Twinというプロジェクト名は、AphexとTwinそれぞれ異なる由来がある。
Aphexは愛用しているオーディオ機材メーカーのAphex Systems Limited(2010年にAphexに社名変更)が由来となっている。

リチャードには生まれてすぐに亡くなった双子の兄がおり、両親は兄をRichard、弟をDavidと名付けるつもりだったが弟に兄の名前をつけ、Richard Davidという名前が与えられた。双子であったことからTwin(双子)と名乗っている。
リチャードは兄の名前でもあり自身の名前でもあるという、複雑な事情がある。

1996年にリリースされたアルバム『Richard D James Album』は亡くなった兄に捧げており、このアルバムの裏の写真と、シングルカットされた『Girl/Boy E.P.』のジャケットには、兄のお墓の写真が写っている。『Richard D James Album』のジャケットはリチャード自身の顔を写したもので、この不気味な笑顔の真意はリチャードにしか分からないが、兄の名前を与えられたリチャードのアイデンティティの表現なのかもしれない。