Black Sabbath

読み : ブラック・サバス

Black Sabbathはイギリス・バーミンガム出身のヘヴィメタルバンド(1969年結成)
オジー・オズボーン(ヴォーカル)が新聞紙にメンバー募集をして結成された。

Black Sabbathの由来

Black Sabbathというバンド名の由来は、
BLACK SABBATH(邦題:ブラック・サバス/恐怖!三つの顔)』というホラー映画。
(1963年公開、監督:マリオ・バーヴァ)
この映画が公開された際、
ホラー映画を求める人々の長蛇の列を見たベーシストのギーザー・バトラーが、
「人間というものは恐怖を求めるものだ」と考えバンド名にした。

デビューアルバム

デビューアルバムはバンド名と同じ『Black Sabbath(邦題:黒い安息日)』。
リリースは1970年2月13日(金曜日)。
英語圏の国々、ドイツ、フランスなどで不吉とされる13日の金曜にあえてデビューアルバムをリリースした。

Black Sabbath

トニー・アイオミ

ギタリストのTony Iommi(トニー・アイオミ)は板金工で働いていた時に事故で右手の中指と薬指の先端部分を失った。
トニー・アイオミは左利きであるため、右手でギターを押弦しなければならないがギタリストとして致命的なケガであった。
しかし、失った右手の指の先端部分に自作のチップをはめ、速弾きも披露するなど見事にハンディキャップを克服した。
5度奏法(パワーコード)を多用し独特のリフを数多く生み出している。

Black SabbathとDeep Purple

Black Sabbathはいくどもメンバーチェンジを繰り替えしてきたバンドだが、イアン・ギラン、グレン・ヒューズといったDeep Purple(ディープパープル)のヴォーカルが加入したり、Rainbow(レインボー)のロニー・ジェイムス・ディオがヴォーカルととして加入したことがあり、Deep Purpleのヴォーカルとは縁がある。
(※RainbowはDeep Purpleのギタリスト、リッチー・ブラックモアのバンド)

Black Sabbathに関連する元ネタ

荒木飛呂彦のマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する、「ブラック・サバス」というスタンドの元ネタにもなっている。
ブラック・サバスの元ネタ

パラノイド