Johnny Rotten(ジョニー・ロットン)

読み : ジョニー・ロットン

Johnny Rotten(ジョニー・ロットン)はイギリスのパンクロックバンド・Sex Pistols(セックスピストルズ)のヴォーカル。
Sex Pistols解散後にPublic Image Ltd(パブリック・イメージ・リミテッド)を結成。
本名:John Lydon(ジョン・ライドン)

ジョニー・ロットンの由来

ジョニー・ロットンという愛称(ニックネーム)の由来は、
本人曰く、歯が不衛生で緑色のカビのスジが付いており歯がくさいと言われたところか名付けられたそう。
rotten」は英語で「不潔、腐った」の意味。
口腔衛生という言葉は自分の中にはないとも語っている。

Sex Pistolsオーディション

Sex Pistolsのオーディションではアリス・クーパーの「アイム・エイティーン」を歌い、
その際にプログレッシブ・ロックバンドのPink Floyd(ピンクフロイド)のTシャツを着ていたが、その上から「I Hate」と書いていたそう。
当時流行っていたプログレが余程嫌いだったのだろう。
『Anarchy In the U.K.』で「俺は反キリスト者でアナーキスト」と歌ったため、当局から監視されたこともある。

Public Image Ltdではジョン・ライドンとして活動

Sex Pistoplsでは愛称のジョニー・ロットンとして活動していたが、
元マネージャーのマルコム・マクラーレンと芸名に関して訴訟となり、
Public Image Ltd(略称:PIL)では本名のジョン・ライドンで活動することとなった。

Sex Pistols
シド・ヴィシャス

Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols