Yo La Tengo

読み : ヨ・ラ・テンゴ

Yo La Tengo(ヨ・ラ・テンゴ)はアメリカ・ニュージャージー州ホーボーケン出身の3人組インディーロックバンド。1984年にアイラ・カプラン(Vo、Gt)とジョージア・ハブレイ(Vo、Key)の夫婦2人で結成し、後にジェームズ・マクニューが加入。

I Can Hear the Heart Beating As One

Yo La Tengoの意味・由来

「Yo La Tengo」はスペイン語であり、英語で「I have it!」を意味する。バンド名の由来は1962年のニューヨーク・メッツのとある試合に遡る。

メッツのスペイン人のセンター”リッチー・アッシュバーン”とレフトの”フランク・トーマス”がある試合で衝突するというアクシデントがあった。普段なら英語で「I got it! I got it!(俺が取る!)」と叫んで衝突を回避するのだが、英語が話せないベネズエラ人のショート”エリオ・チャコン”のためにスペイン語で「¡Yo la tengo!(俺が取る!)」と声をかけることをチームミーティングで話していた。しかし、ミーティングに参加していなかったトーマスはフライを取る時にリッチーが叫んだ「¡Yo la tengo!」の意味が理解できずリッチーと衝突してしまった。起き上がったトーマスは「What the heck is a Yellow Tango?(イエロータンゴってなんだ?)」と尋ねたという。
大の野球好きであるアイラはこの話を元にバンド名をYo La Tengoとしたそうな。

2013年1月リリースのアルバム『Fade』はTortoiseのジョン・マッケンタイアがプロデュース。本作はジョンが所有するシカゴのスタジオ・SOMAで制作された。
『Before We Run』

フェイド