Achtung Baby

読み : アクトン・ベイビー

『Achtung Baby』はU2のアルバム(1991年11月19日リリース)。

アクトン・ベイビー~デラックス・エディション

『Actung Baby』の由来

『Achtung Baby』というアルバム名の由来は、
U2のサウンドマン、ジョージ・オハーリーが発言した「デンジャラス・ベイビー」と言われている。
ルーツミュージックを取り入れた「中期3部作」の第1作目「焔」から、
シンセサウンドを取り入れた音楽スタイルへと進化した『Achtung Baby』を、
「デンジャラス・ベイビー」と表現したそう。
「Achtung」はドイツ語で「警戒、注意」といった意味がある。

『ZOO station』

『Achtung Baby』の1曲目『ZOO station』はドイツに実在している駅が由来となっていて、
録音が行われた1990年には東西ドイツが統一されたという世界情勢も関係しているのだろう。
世界が新たな局面を迎えた時期に作られたこのアルバムは、
「シンセポップ3部作」の第1作目として新しい音楽の世界を生み出した。

ZOO station