Dr.Feelgood(モトリー・クルー)

読み : ドクター・フィールグッド

『Dr.Feelgood(ドクター・フィールグッド)』はアメリカ・ロサンゼルス出身のLAメタルバンド・Motley Crue(モトリー・クルー)の5thアルバムのタイトル、および同名の楽曲。アルバムは1989年にリリースされ全米1位を獲得し、シングルの『Dr.Feelgood』は1990年のグラミー賞ベスト・ハード・ロック・パフォーマンスにノミネートされた。Aerosmith(エアロスミス)のスティーヴン・タイラー、Skid Row(スキッド・ロウ)、ブライアン・アダムスらがアルバムのゲストとして参加している。
※バンド名の正式表記はMötley Crüe

Dr.Feelgoodの意味・由来

『Dr.Feelgood』はヘロイン、または薬物を過剰処方したり違法に処方することもいとわない医師の俗称。本曲の歌詞では=Jimmy(ジミー)という『Dr.Feelgood』=「麻薬密売人」が登場する。

本アルバムはRatt(ラットの)ロビン・クロスビー、Guns N’ Roses(ガンズ・アンド・ローゼス)のスラッシュらと行なっていたベーシストのニッキー・シックスがドラッグパーティの最中にドラッグの過剰摂取により心臓が一時停止したことをきっかけに、メンバー全員がドラッグと酒を経った後に制作された。ドラッグから離れた状態でアルバムおよび楽曲を制作したわけだが、本曲はメンバーがドラッグ中毒であったという背景が由来として考えられる。ドラッグへの皮肉、ドラッグを供給する密売人への皮肉ともとれる曲。