ですしおすし

読み : デスシオスシ

「ですしおすし」はネットでの言い回し。
「〜ですし」と言う時に特に意味もなくこういった言い方をすることが多い。

「ですしおすし」の意味・元ネタ

ゲームソフト『ファイナルファンタジー11』のとあるプレイヤーが会話の語尾に「〜ですし」と付けていたこと、そしてそのプレイヤーが好んで用いた料理が「おすし」だったことから2つを組み合わせて「ですしおすし」が生まれた。
「ですしおすし」をはじめ「はー?」「いちよう(一応)」等、ちるちゃんと呼ばれるこのプレイヤーの独特のしゃべり口は「ちるまん語」と呼ばれている。

2chのネトゲ実況板、通称ネ実で使われ始め、独特の言い回しから広まって行った。
特に深い意味はないが、なんとなく文章をやわらかくする効果があるとかないとか。

「〜ですし。」という書き込みに対して「おすし」と返すこともある。

ファイナルファンタジーXI