覇王翔吼拳を使わざるを得ない

読み : ハオウショウコウケンヲツカワザルヲエナイ

「覇王翔吼拳を使わざるを得ない」とは、覇王翔吼拳を使わなくてはいけないという状況であるということ。

「覇王翔吼拳を使わざるを得ない」の元ネタ

覇王翔吼拳というのはSNKの対戦格闘ゲーム『龍虎の拳』に登場する超必殺技
リョウ・サカザキやロバート・ガルシアら極限流空手の使い手が会得している。
初代『龍虎の拳』において、リョウ・サカザキが妹のユリを助けに行く際に、
バイクで走りながら言う台詞が「覇王翔吼拳を使わざるを得ない。」である。
この台詞の前には「武器を持った奴が相手なら、」という台詞がある。
武器(銃器)を持っているなら奥義である覇王翔吼拳を使わないとしょうがないな…ということ。
覇王翔吼拳を使えば銃相手でも勝てると思っているということでもある。

道着に下駄という姿でバイクに乗って疾走するというシュールなスタイルから、
画像掲示板ふたば☆ちゃんねるの二次元裏(通称:虹裏)において
この画像の様々なコラが作られたことで流行したと言わざるを得ない。
ちなみに覇王翔吼拳は格闘ゲーム史上初の超必殺技とされている。