魔界戦記ディスガイア

読み : マカイセンキディスガイア

魔界戦記ディスガイアは日本一ソフトウェアより発売されているシミュレーションゲームのシリーズ。
『史上最凶やり込みシミュレーションRPG』というキャッチフレーズ通り、最大の特徴はやりこみ要素の多さと深さ。レベルの最大値は9999、ダメージは億や兆単位という一般的なRPGとは桁外れのものとなっている。非常に自由度が高いのも売りの一つで、キャラクター育成やアイテム育成などやろうと思えばいつまででもやり込むことができる。
可愛らしいキャラクターも人気の理由の一つであり、漫画家や小説家、アニメ化など様々なメディアに進出している。

魔界戦記ディスガイアの由来

「ディスガイア」というのは造語であるが、英語で否定を表す「dis(ディス)」と地球を意味する「gaea(ガイア)」を組み合わせたもので、「地球の反対」つまり「魔界」をイメージしたものとなっている。

キャラクター名の由来

ディスガイアのメインキャラクターの名前は火山に関連する言葉が由来となっていることが多い。

ラハール
ラハールとはインドネシア語で「火山泥流」を意味する。火山が噴火した際に火山灰などが山の斜面を流れる現象を指す。

エトナ
エトナはイタリアのシチリア島にある活火山「エトナ火山」が由来。ヨーロッパ最大の活火山であり、最も活動的な火山の一つ。

フロン
オゾン層を破壊することで有名な「フロンガス」が由来

プリニー
火山の噴火活動の形式の一つである「プリニー式噴火」が由来。「プリニー式噴火」自体の由来は古代ローマの博物学者「プリニウス」から。

クリチェフスコイ(ラハールの父)
ロシアのカムチャッカ半島最高峰、標高4,800mのクリチェフスコイ火山が由来。