NORN9 ノルン+ノネット

読み : ノルンノネット

『NORN9 ノルン+ノネット』は、2013年5月30日発売のオトメイトのPlayStation Portable/PS Vita用の女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。2016年1月にアニメ化。

巨大な球体型飛行船ノルンに乗る、主人公の3人の少女と9人の少年の物語。3人の少女と9人の少年はそれぞれ能力を持つ。3人の少女それぞれで攻略対象の少年が異なる。

誰もが幸福で平等に生きられる世界を目指し、人類は何度も『リセット(文明初期化計画)』を繰り返してきたが、『リセット』を行う兵器・アイオンの停止によって二度とやり直しができなくなってしまった、という設定の世界が舞台。
序盤のプロローグは平成から大正時代にタイムスリップしてきた小学生・鈴原空汰の視点で描かれており、9人全ての攻略を終えると鈴原空汰がタイムスリップしてきた謎が明かされる。

NORN9 ノルン+ノネットの意味・由来

「Norn(ノルン)」は、北欧神話に登場する運命の三女神(ノルン3姉妹)が由来。ノルン3姉妹は、女神過去を司る女神・ウルズ(長女)、現在を司るヴェルダンディ(次女)、未来を司るスクルド(三女)の3人の女神。『NORN9 ノルン+ノネット』では飛行船の名前になっているが、主人公の少女3人(こはる、久我深琴、不知火七海)のことも指している。

「Nonet(ノネット)」は「九重奏」を意味する。主な楽器編成はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット。『NORN9 ノルン+ノネット』では9人の少年を指している。

『ノルン+ノネット』に入っている「+(プラス)」は、ノルン(運命の三女神)=3人の少女、ノネット(九重奏)=9人の少年の物語であることを表していると思われる。