ロックマン

読み : ロックマン

ロックマンはカプコンが発売しているアクションゲームのシリーズ。
海外では「Mega Man(メガマン)」として発売(由来は後述)
ロックマンを主人公としたゲームで、1987年12月17日にファミコン用ソフトとして発売して以来、スーファミ、ゲームボーイ、プレステ、Wiiなど様々なハードでソフト化されている。
ゲームボーイ版は「ロックマンワールド」として発売されていた。

「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」から「ロックマン8 メタルヒーローズ」まで8体のボスキャラを一般公募する「ボスキャラ募集」が行われていた。ゲームに採用されると「ワイリー賞」、佳作には「ライト賞」が贈られた。

ロックマンの由来・意味

「ロック」は「ロックンロール(Rock ‘n’ roll)」または「ロックオン(Lock-on)」が由来。「岩(rock)」という意味は含まれていない。ロックマンの妹・ロールも「ロックンロール」から名付けられた。「Rock ‘n’ roll」=「Rock and Roll」、つまり「ロックマンとロール」。ロックマンは音楽用語から名付けられたにキャラクターが多い。

ブルース(Blues) → ロックマンの兄、ブルースの口笛は哀愁漂うブルース調
フォルテ(Forte) → ロックマンのライバル、強調を意味する「forte」が由来
デューオ(Duo) → 地球外ロボット、「Duo」は二重奏を意味する
ビート(Beat) → コサック博士が開発した鳥型のサポートロボット
タンゴ(Tango) → 猫型のサポートロボット、「Tango」は4分の2拍子のダンス音楽
ゴスペル(Gospel) → フォルテ用の狼型サポートロボット
レゲー(Reggae) → DR.ワイリーが開発した烏型サポートロボット
Dr.コサック(Cossack) → 娘のカリンカをDr.ワイリーにとらえらた科学者、コサックダンスが由来
カリンカ(Kalinka) → ロシアの愛唱歌「カリンカ」が由来

※ちなみにDr.ワイリーは「Wily(狡猾な)」という意味

Mega Man(メガマン)の由来

ロックマンは海外ではどうして「メガマン」と改名されているのか?
それはローカライズ(多言語対応)を検討していた当時のカプコン副社長Joseph Morici氏が「Rockman」という名称を気に入っておらず、代わりに「Mega Man」という名称を提案したことが由来となっている。「Rockman」では西洋のユーザー受けが良くないと考えたそう。

Joseph Morici氏:
あのタイトルは酷すぎました。そこでMega Manという名前を思いついたんです。
するとそのアイデアは気に入られて北米版で使われることになりました。
ゲーム内容は日本版と全く同じでしたけどね。

「Mega Man1」のパッケージ
Euroバージョン(ワイリー哀愁漂いすぎ・・・)
Mega Man1・ユーロバージョン

USバージョン(クオリティがひどい・・・)
Mega Man1・USバージョン

「Mega Man2」のパッケージ
Euroバージョン(いや、ただのおっさんのコスプレ・・・敵も全然違う・・・)
Mega Man2・ユーロバージョン

USバージョン(地球防衛隊?)
Mega Man2・USバージョン

「Mega Man3」のパッケージ
Euroバージョン(リアルワイリー・・・)
Mega Man3・ユーロバージョン

USバージョン(ロックマンが妙につややか・・・)
Mega Man3・USバージョン

音楽用語由来のキャラが多いためか、ロックマンのゲームBGMはやたらカッコイイ。

2012年にはロックマンの25周年にあたり、海外のファンとカプコンのコラボで制作された「STREET FIGHTER X MEGA MAN(ストリートファイター X ロックマン)」を無料配信。PCでプレイでき、新しいステージが用意されておりボスにはストツーのRYUなどが登場する。
STREET FIGHTER X MEGA MAN(カプコン公式サイト)