セガサターン

読み : セガサターン

セガサターンはSEGAから1994年に発売された家庭用ゲーム機。
サターン、SSなどと呼ばれる。
任天堂のスーパーファミコンが市場を席巻する中、『次世代機』として発売された。
ビクターからVサターン、日立からHiサターンといった互換機も発売され、
韓国ではサムスンサターンが発売されたそうな。

セガサターンの由来

サターンは英語で土星を意味する『Saturn』から。
土星は太陽系で6番目の惑星であり、
セガサターンがセガから出た6番目の家庭用ゲーム機であることから付けられた。
ではそれまでの5機種とはどれにあたるのか、ということになるのだが、
セガからはSG-1000、SG1000Ⅱ、SC-3000、マークⅢ、マスターシステム、
メガドライブ、メガCD、スーパー32X、ゲームギア等様々な機種が発売されており、
どれをサターンまでの5機種にカウントしているのかはよくわかっていない。

サターンのCMとか

いわゆる次世代機として発売され、
当時アーケードで爆発的人気を誇ったバーチャファイターシリーズがヒット、
PlayStationを発売しライバルとなったソニーを暗示させるセガールアンソニーのCMや、
「セガサターン、しろ」をもじった藤岡弘の『せがた三四郎』のCMなどで注目を集めたが、
最終的には御存知の通りソニーのプレイステーションには敵わなかった。

このCMに登場するセガールとアンソニー、実は同じチンパンジーであり、
片方づつ撮影して後で合成しているんだそうです。

ちなみに私は当時「プレイステーションってwwwプレイディアとかぶってるしwww」
と、迷うこと無くセガサターンを購入しました。後悔はしていない。