THEATRHYTHM(シアトリズム)

読み : シアトリズム

『THEATRHYTHM(シアトリズム)』はスクウェア・エニックスが開発している音楽ゲームシリーズで、『シアトリズム ファイナルファンタジー』『シアトリズム ドラゴンクエスト』など、既存のゲームタイトルの前に『シアトリズム』の名前を冠している。

THEATRHYTHM(シアトリズム)の意味・由来

『THEATRHYTHM(シアトリズム)』というタイトルは、「THEATER(劇場)」と「RHYTHM(リズム)」を掛けあわせた造語で、『シアトリズム ファイナルファンタジー』のプロデューサーである野村 哲也氏が命名。映像と音にこだわった音楽ゲームであることが『THEATRHYTHM(シアトリズム)』というタイトルに込められている。

『シアトリズム ファイナルファンタジー』のプロデューサー・間 一朗氏とディレクター鈴井 匡伸氏のインタビューより抜粋

鈴井:あとはこぼれ話として、『シアトリズム』というタイトルの由来についてお話しましょうか。

間:これは野村の命名なんですよ。『FF』関連作品として、野村にはいろいろとアドバイスをもらっているんですが、このタイトルもその1つです。

鈴井:とても真剣に考えていただいた名前で、僕も大好きです。

間:わかりやすいですよね。THEATER(劇場)+RHYTHM(リズム)でTHEATRHYTHM(シアトリズム)。音と映像と、我々が一番こだわらなきゃと思っていた部分が入っていますし。

鈴井:タイトル自体にテーマが入っていて、言ってみれば「お前ら、ここから外れずに作れよ」という野村哲也さんからのメッセージも込められているような気がします(笑)。

引用:『シアトリズム ファイナルファンタジー』ロングインタビュー!