詫びサザエ

読み : ワビサザエ

「詫びサザエ」は、任天堂のWii U用のアクションシューティングゲーム『スプラトゥーン』に関係する用語。

詫びサザエとは – 意味

「詫びサザエ」とは、Wii U用ゲーム『スプラトゥーン』にて、フェス開催中に鯖落ち(サーバーがダウンする)など不具合が発生した際、お詫びの印しとしてゲーム内で使えるアイテム・スーパーサザエの配布を求める言葉。つまり「お詫びのスーパーサザエ」という意味である。鯖落ち後は「詫びサザエはよ」という投稿が増える。「詫びサザエはよ」は、「早くお詫びのスーパーサザエを配布してくれ」という意味。

スーパーサザエ・詫びサザエ

画像:http://icondecotter.jp/detail.php?id=24665

「サザエ」と聞くと、国民的アニメ『サザエさん』を思い浮かべる方が多いことだろう。「詫びサザエ」は、『サザエさん』で不適切な放送があり、サザエさんが「お詫び申し上げます」と謝罪するという意味ではない。

スーパーサザエとは

ダウニー-スーパーサザエ

画像:http://bozumemo.blogspot.jp/2015/05/blog-post_78.html

スーパーサザエは、フェスの報酬としてもらえるアイテム。ハイカラシティの路地裏にいるウニのような頭をしたダウニーというヤツにスーパーサザエを渡すと、「ギアスロットの追加」、またはスロットがギアパワーで埋まっているときは「ギアパワーを付け替え」をしてくれる。ランク20以上になると30,000コインを支払えばギアパワーの付替えを依頼することが可能。

スーパーサザエはフェスでもらえるアイテムであるため、フェス開催中に鯖落ちした際に、お詫びとして「詫びサザエ」を配布する求める声が高まる。これまで「詫びサザエ」が配布されたことはない。

詫びサザエの元ネタ

「詫びサザエ」の元ネタは、ガンホーのスマホゲーム『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』で配布される「詫び石」。『パズドラ』で通信障害やガチャの不具合、メンテナンスの延長、緊急メンテナンスが起こった際、お詫びとしてユーザーに課金アイテムの魔法石が配布されることがある。謝罪の意味を込めて配布される魔法石は「詫び石」と呼ばれる。

魔法石はレアガチャを回したりスタミナ回復などに使うアイテムで、課金アイテムであるためユーザーとしては不具合発生時は「詫び石」配布の期待感が否が応でも高まる。不具合発生時はTwitterなどで「詫び石」を求める投稿が増え、通常の不具合なら配布される「詫び石」は1個、ガチャで不具合が発生したときは消費した分の魔法石を返還するといった対応をしている。

話を「詫びサザエ」に戻すと、『スプラトゥーン』に課金要素はないため、「詫びサザエ」が配布される可能性は低いと思われる。「詫び◯◯」は謝罪の意味もあるが、『パズドラ』のような課金制のゲームなら、課金アイテムを配布することでユーザーを繋ぎ止める効果や、ともすれば課金に繋がることが期待できるというメリットがあるが、課金のない『スプラトゥーン』で「詫びサザエ」を配布するメリットは任天堂にないといえる。

「詫びサザエ」はネタの意味合いが強い。言い続けていればもしかしたら…という期待感も少なからずあるとは思うが、ほとんどはネタだろう。いや、本気で欲しいけれども。