Bluetooth(ブルートゥース)

読み : ブルートゥース

Bluetooth(ブルートゥース)は近距離無線規格のひとつで、1994年にスウェーデンに本社を置く通信機器メーカー・エリクソン社の社内プロジェクトから開発がスタートし、パソコンやスマートフォンといった端末から、キーボード、マウス、ヘッドフォンといった周辺機器で利用されている。
Bluetooth搭載機器同士はケーブル接続なしでの通信、つまりワイヤレスでの通信を可能とし、壁を挟んでも最大100mの通信、少ない送信電力での通信を可能としている。
Bluetooth LEはLow Energyの略で低消費電力版のBluetoothの規格である。

Bluetooth

Bluetoothの由来・意味

Bluetoothは直訳すると「青い歯」を意味するが、よく考えると不思議なこの名称には由来がある。

Bluetoothは10世紀に即位していたデンマーク国王、ハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)の名前に由来している。ハーラル・ブロタン王はノルウェーとデンマークを交渉により異なる種族間を無血統合させた人物で「Bluetooth(青歯王)」という異名を持つ。Bluetoothはブロタン(Blåtand)を英語に音訳したもの、つまり英語名。

“異なる種族間の無血統合を実現させたブロタン王のように「多数存在する無線通信規格を統一したい」”という想いを込め、ブロタン王の名にちなんでBluetoothと名付けられた。
Bluetoothはエリクソン社の技術者がつけた名称で、エリクソン社がスウェーデンの企業であることも北欧の英雄を選んだ理由のひとつと考えられる。

※古デンマーク語でブロ(Blå)は「浅黒い肌」、タンは「英雄」という意味がある。英語名として「Bluetooth(青歯王)」という異名があるが、古デンマーク語ではブロタンは「浅黒い肌の英雄」という意味を持つため英語名の意味とは異なる。

彼がハラルド・ブロタン。ちなみに本サイト・タネタンはブロタンが由来ではない
ハラルド・ブロタン

Bluetoothのロゴの由来

BluetoothのロゴはHarald Blåtandの名前の頭文字「H」と「B」を北欧ルーン文字(長枝ルーン)で表したもの。「h」は「*」のような形で、「B」はほとんどそのままの形。
Bluetoothロゴ