Delphi

読み : デルファイ

Delphiはアメリカカリフォルニア州サンフランシスコにあるソフトウェア開発会社エンバカデロ・テクノロジーズが開発しているMicrosoft Windows向けの統合開発環境。Delphiの読み方は「デルファイ」。
2013年4月にiOS、Windows、Mac向けのネイティブアプリケーション開発が可能な「Delphi XE4」をリリース。Androidアプリにも対応予定。

Delphiの由来・意味

統合開発環境・Delphiの名称はかつてギリシャに存在した古代都市「Delphoi(デルポイ)」が由来となっている。「Delphoi」の英表記が「Delphi(デルファイ)」。デルポイは太陽神・アポロンが神託(Oracle/オラクル)を行った場所として知られており、アポロン神殿が存在するギリシャ最古の神託所(Oracle/オラクル)である。
Delphiは当初はOracleデータベースサーバのフロントエンドとして開発されたシステムであった。つまり神託所の名を冠したDelphiは、「Oracleデータベースのアプリケーション開発がしやすいシステム」であることを意味して命名された。元々Delphiは社内のコードネームとして使われており、発売前にその名が広まったためそのまま製品名に採用された。
※神託は「神のお告げ」を意味する

参考:Delphi 発売前夜