iTunes Match

読み : アイチューンズ・マッチ

iTunes MatchはAppleが提供しているクラウドサービスで、iTunes Storeで購入した曲やCDからiTunesに取り込んだ曲をiCloudに保存・共有することができる。年間登録料3,980円で使用可能。
インターネットに接続できればiCloudにアクセスして音楽の再生ができるので、iPhone、iPad、デスクトップパソコン、ノートパソコンなど復数のデバイスで共通の音楽ライブラリの使用が可能になる。通常ならデバイスごとに曲を取り込まなければならず保存できる曲数はデバイスの容量によるが、クラウド上に保存されるのでデバイスの容量不足を解決する。

iTunes Match
iTunes Match

iTunes Matchの由来・意味

iTunes MatchはiCloud上で楽曲をマッチさせる機能に由来する。
iTunes Matchでは自分のiTunesの音楽ライブラリにある曲をiTunes Storeにある3,700万以上の曲と照合し、iTunes Storeで配信されている曲はiTunesからiCloudにダウンロードし、iTunesにない曲のみアップロードされる仕組みになっている。iTunes Storeで購入していない曲でもCDなどから読み込んだ曲ならダウンロードする権利が得られる。

通常クラウドサービスに音楽ファイルを保存する場合、全てのファイルをアップロードする必要があるため時間がかかるが、iTunes Storeからダウンロードすることでライブラリ構築が高速になる。つまり、iCloud上でiTunes Storeにある曲とマッチさせることから、iTunes Matchというネーミングになっている。
※「Match」は「適合させる、調和させる、(検索・照合で)~にマッチする」という意味

アップロードした曲の音質が悪くても、iTunesにあれば256Kbps AAC、DRMフリーの音質で再生されるので音質が向上するというメリットもある。
iCloudにアップロード可能な最大曲数は25,000曲となっているが、iTunes Storeで購入した曲は含まれないため実質25,000曲以上の保存が可能。