MAILER-DAEMON

読み : メーラーデーモン

「MAILER-DAEMON」、または「Mail Delivery Subsystem」は送信先のメールアドレスのスペルを間違った時、アドレスが存在しない時、送信先のサーバーに不具合が生じている時にプロバイダのメールサーバーから自動で送信されるメール。つまりはメアド間違ってますよというエラーメール通知。
読み方は「メーラーデーモン」。「ダエモン」ではない。
初めて見た時は誰しもが「MAILER-DAEMONさんって誰だ?外国人の知り合いいないけど?」と訝しむことだろう。ともすれば迷惑メールともとらえられそうな名称である。MAILER-DAEMONさんに返信しても同じ内容が返ってくるか、待てど暮らせど返事はこないかのどちらか。MAILER-DAEMONさんは忙しいので間違っても返信しないように

メーラーデーモン

MAILER-DAEMONの由来・意味

「MAILER-DAEMON」の「DAEMON(デーモン)」はギリシャ神話において神と人間の中間に存在する守護神「Daemon(ダイモン)を由来としている。「Daemon」が”神と人間の中間に位置する存在”であることから、「MAILER-DAEMON」は”メールを送った人と送られる人の間にいる存在“という意味で使われている。
「MAILER-DAEMON」の内容が英語であるのは日本語だと文字化けする可能性があるため。なので英語が苦手でもどういったエラーが発生しているかは独力で、またはGoogle翻訳を使って解読しよう。
※「Daemon」は「悪霊、悪魔」を指す「Demon」の語源であるが、両者を区別するために「Daemon」は「守護神」、「Demon」は「悪魔、悪霊」という意味で使われる。

「Daemon(デーモン)」はUNIX系OSなどにおいてバックグラウンドで保守や運用に関する処理を行うプログラムの名称でもある。バックグラウンドでコンピューターを支える守護神と言える存在である。