Windows XP

読み : ウィンドウズ・エックスピー

Windows XPはMicrosoftが開発したパソコン用のOS(オペレーティング・システム)。2001年11月16日に全世界に発売された。
開発コードネームは「Whistler(ウィスラー)」。
未だに世界中で高いシェアを持つOSだが、2014年4月8日にWindows XP Service Pack3(SP3)、Windows XP 64ビット版(SP2)のサポートが終了となり、セキュリティ更新プログラムの提供が受けられなくなる。

マイクロソフト Windows XP Professional SP1a 日本語版 DSP/OEM+DDR2-800-1GBメモリセット

Windows XPの由来・意味

「XP」は「経験、体験」を意味する「Experience(エクスペリエンス)」を由来としており、「さまざま機器に及ぶ広範なWebサービスで得られる、WindowsとOfficeによる豊かで広がりのある経験」を象徴するネーミングとして命名された。また、「ユーザーの一人ひとりへ最高のエクスペリエンスを提供する」という意味が込められている。

開発コード名の「Whistler」はカナダのブリティッシュコロンビア州南西部にあるWhistler山を由来としている。Windows XPのメジャーアップデートバージョンとして予定されていた、開発コード名「Blackcomb」もカナダにある山の名前が由来となっている。Windows XPのマイナーアップデートバージョンとして開発されたWindows Vistaのコードネーム「Longhorn」はWhistler山とBlackcomb山の中間に位置するスキー場「Whistler Blackcomb Ski Resort」にあるレストラン・バーの名前を由来としている。Windows Vistaの後継OS・Windows 7では「Blackcomb」ではなく、「Vienna」という開発コード名が用いられた。
※WhistlerとBlackcombはスキーリゾート地でもある

【その他のWindowsの由来】
Windows Vista
Windows 7
Windows 8