ぼくのりりっくのぼうよみ

読み : ボクノリリックノボウヨミ

「ぼくのりりっくのぼうよみ」は、1998年2月12日生まれ、神奈川県横浜市出身のアーティスト。
略称は「ぼくりり」。
高校2年生の時に10代限定の夏のロックフェス「閃光ライオット」のファイナリストに選ばれ、提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を評価される。
高校3年生の時に1stアルバム『hollow world』でメジャー・デビュー。

hollow world

ぼくのりりっくのぼうよみの由来・意味

「ぼくのりりっくのぼうよみ」というアーティスト名は、最初めちゃくちゃ下手くそでリリックが棒読みだったことが由来だそう。
音楽投稿サイトに最初に投稿する時にアーティスト名が必要になったが、眠くて適当に考えた名前が「ぼくのりりっくのぼうよみ」。
今はスキルが上がって棒読みではないが。

「lyric(リリック)」は「歌詞」や「叙情詩」という意味で、主にヒップホップで使われる用語。
叙事的な内容の歌詞を「リリック」と表現することが多い。
「ぼくのりりっくのぼうよみ」の書く歌詞は文学性が高く、まさに叙情的な「リリック」と言える。

参考:「ジャパネクレディオ powered by EMTG MUSIC」 ぼくのりりっくのぼうよみが登場!

『Be Noble』が2017年3月18日公開の映画、『3月のライオン』の前編の主題歌に。
Be Noble

『Noah’s Ark』の由来・意味

2ndアルバム『Noah’s Ark』はクラウドファンディングサイト『CAMPFIRE(キャンプファイヤー) 』で資金を募って制作された。
500万円の目標金額に対し、700万円を超える出資が集まりプロジェクトが実現された。

ぼくのりりっくのぼうよみ-Noah’s-Ark
画像:https://camp-fire.jp/projects/view/16906

『Noah’s Ark』は「ノアの方舟(はこぶね)」を意味する。
「ノアの方舟」は旧約聖書の『創世記』に登場する方舟で、神に「正しい人」と認められたノアが神に命じられて作った。
神は堕落した人類を大洪水で滅ぼしたが、ノアは妻、三人の息子とそれぞれの妻、すべての動物のつがいを方舟に乗せ、洪水から逃れることができた。

本作、『Noah’s Ark』はこの「ノアの方舟」の伝承に由来しており、現代に「ノアの方舟」を再現するというコンセプトの元で制作された。
インターネットの発達で情報過多になった現代は情報が氾濫する「情報の洪水」の時代であり、そんな情報が氾濫する世界に飲みこまれずに生き残る術を持つ人びとと対談をし、情報を自分の知恵とするための武器を得るために今回のプロジェクトが生まれた。

情報が溢れかえる現代社会では「情報の洪水」の中では溺れてしまいそうになるが、間違った情報に踊らされることなく正しく生きるには、自分の頭で考える力と知恵を身に着けなければいけない。
『Noah’s Ark』は、そうした大事なことを考えさせられる企画である。

『Noah’s Ark』についての詳細は『CAMPFIRE』に掲載されている。
参考:ぼくのりりっくのぼうよみ、自分でメディアを作る予算を集めたい

『Noah’s Ark』