KREVA

読み : クレバ

KREVAはヒップホップのMC・トラックメーカー・DJとして活躍しているアーティスト。
DJネームは908(クレバ)、自身のことを「Dr.K」と呼んでいる。
KICK THE CAN CREW活動休止後にソロとして活動。
本名:畠山貴志(はたけやまたかし)
「B BOY PARK」のフリースタイルMCバトルで3連覇を果たし殿堂入り。この記録は現在まで破られていない。

心臓(初回限定盤)

映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」に出演すると同時に、The THREEという期間限定ユニットで布袋寅泰、亀田誠治らとの主題歌「裏切り御免」を手がけるなど、自身の作品の創作以外の活動も行なっている。

KREVAの由来・意味

KREVAというアーティスト名の由来は「ずる賢い」という意味の英単語「clever」。
KREVAは「clever」の読みを文字っている。
「clever(クレバー)」=「KREVA(クレバ)」

Dr.Kの由来

KREVAは自身のことを「Dr.K」と呼ぶのは「Dr.コパ」が由来となっているという説が現在有力。メンズファッション雑誌「woofin’」でコラムを担当する際、「Dr.コパの風水生活」という広告が目についたのでコラムタイトルにしたそう。

『希望の炎』のリリース枚数の由来

インディーズ時代のシングル『希望の炎』は10,908枚限定でリリースされた。
「908枚」はそのまま「クレバ」が由来となっていて、
1万枚はインディーズで1番を取りたいという意味を込め、
1万908枚(1番クレバ)限定でリリースした。